すべては患者様の健康のために、理念のもとに誠心誠意の医療を行います

理 念

患者様ひとりひとりとの対話を大切にしたい。
そんな中から身体のSOSをみのがさず、
的確な診断と治療を心がけ、
心臓血管病の早期発見・早期治療に
貢献したいと考えております。

院長・経歴

院長:森下浩(医学博士)

【略歴】
1983年 大阪医科大学卒業
1983年~1984年 京都大学医学部附属病院内科研修医
1984年~1987年 社会保険小倉記念病院循環器科
1987年~1995年 京都大学医学部第三内科
1995年~2002年 寿尚会洛陽病院心臓センター主任部長
2002年10月 もりした循環器科クリニック開業


【所属学会】
日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
日本心血管カテーテル治療学会・指導医
日本心臓リハビリテーション学会


循環器科について

心臓と血管の病気を診断・治療するのが循環器科です。
具体的には、心不全・弁膜症・狭心症・不整脈、高血圧、動脈硬化症など心臓関係の病気全般です。また予防では、将来心筋梗塞、心不全、高血圧性心臓病などの疾患の予防、または治療のため降圧目標値は、定期的に血圧測定、健康相談、レントゲン検査を患者様一人一人と、じっくり話し合いの上、治療を行っております。心臓病は突然死の原因として最も多いとされています。あらゆる角度から早期発見に努め適切な処置のもと入院設備のある医療機関へ送る体制を重視しております。

心臓の構造

最新の設備について

最新の設備と確かな高技術
当クリニックは大病院の循環器外来をしのぐ設備と
診療レベルの高さを誇っています。


当クリニックは、心臓血管病、それに至る生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症)の診断と治療を行っている、新しいタイプの診療所です。
大病院の循環器専門外来をしのぐ設備と診療レベルの高さを誇っており、スタッフも常に患者様の立場に立った対応を心がけております。
従来の 64スライス CT を越えるデュアルソースCTを導入、冠動脈CT造影を行い、狭心症、心筋梗塞の診断に大いに役立っています。
クリニック内は完全バリアフリーになっており、車椅子のままトイレも利用できます。


冠動脈の見えるデュアルソースCT


当クリニックでは64スライスCTにて冠動脈CT検査を行なってきましたが、平成20年1月、64スライスCTを超える、デュアルソースCT(Definition)にアップ・グレードしました。
このデュアルソースCTは、64スライスCTの管球を2台搭載しており、これにより、鮮明度(時間分解能)が2倍になり、動いている心臓がより鮮明に見えるようになりました。
また、64スライスCTでは、放射線被爆量が心臓カテーテル検査と同等またはそれ以上と言われております。
デュアルソースCTは、心電図に同期して画像に必要な線量のみの照射を行なうため、64スライスCTの1/2の放射線被爆量で済むことになり、真の意味の“患者さんにやさしい”検査に近づいたと言えます。

ページトップへ
Home|クリニックについて診療案内&アクセス施設案内疾患・症状について狭心症心筋梗塞不整脈生活習慣病)|検査について